奴隷の第一歩

「女装好きのマゾ奴隷を募集しています。
容姿や年齢は問いません。
舐めるのが好きな方ならいいです。
家畜として扱うので、縛り、鞭、蝋燭の行為は当然します。
アナルは開発されているのが望ましいですが、初心者でも私が開発します。
ハードですが、自らしゃぶらせて下さい、犯して下さいという家畜奴隷に必ず育てます」と言う書き込みが掲示板にあった。
40代の独身男性で、関東在住、常に褌をしていると書いてある。
こんな男性にアナルを犯して貰いたい。
僕は迷わず返事を書いた。
東京に住んでいる者にとって、いくらでも出会いはあるように思うが、意外にそうでもない。
相手は誰でもいいという訳ではないので、お互いに条件のあった、体の相性がいい相手を見つけるのは難しいのだ。
僕は、返事が来るのが待ち遠しく、ソワソワしながら待っていると、返信のメールが来た。
「たくさん返事が来た中で、一人を選ぶのは難しく、先ずは面接をしてみる事にしました。
貴方は常に女装をしているのでしょうか?それとも普段は下着だけですか?初めて会った日に簡単な調教を受けられますか?」と言うメールの最後に、個人のアドレスが書かれていた。
僕は「普段の女装は下着だけです。
普通の仕事をしているので昼間は出来ません。
家では一人住まいなので、女性の恰好をしています。
これまでに何人かの人にお会いし、調教されたことがあります。
アナルは拡張されているので、AFは大丈夫です。
早く貴方のチンポを咥えたいです。
縛られて、鞭で打たれたいです」と書いてメールを送った。

その日から奴隷にすることにした

吹雪の飼っている奴隷の晃は、自分で志願してお店の用心棒になった。
実は、晃は吹雪がレディースになる前から知っていて、どうしても子分になりたかった。
でも、吹雪がニューハーフになってしまったので、それが果たせずにいた。
しかし、女王様としてお店に出るようになり、自分も奴隷になりたいと思う様になったのだ。
しかし、それを口には出来せず、ずっと我慢していた。
そんなある日、お店に嫌がらせにやって来たチンピラ数人に囲まれた晃を、吹雪が助けてやった。
お店を守れずに吹雪に助けてもらった事が店長や組に知れれば、晃はタダでは済まない。
吹雪の前で土下座をして「どうか私を子分、いや奴隷にして下さい。
姉さんのお傍でお仕えさせていただければ幸せです。
そしてどうかこれは組には黙っていて下さい」と泣いて頼んだ。
可哀想になった晃を、その日から吹雪は奴隷にすることにした。
晃にとっても長年の夢が叶い、奴隷にして貰う事が出来たのだ。
その日から晃は首輪を着けられ、お店でもせっせと働くようになった。
お店の宝であるNHの女の子達も大事に扱うようになり、彼女達にも「アキラ」と呼ばれ、小間使いのように使われている。
吹雪はそんな晃が、とてもみじめで奴隷らしく見えた。
ただし、店に言い掛かりを付けるよう客には、さすがに晃も極道なので、凄味をきかせる。
だから、女の子たちも安心で、その後トラブルになる様な事は殆んど起こらなくなった。
そんな晃を吹雪はお店で裸にし、首輪にリードを付けて連れて帰る。
途中、食事をして帰る時は、晃は犬のように床で食べさせ、四つん這いにして連れ歩くので、いつの間にか奴隷の晃は有名になった。

脅かされて奴隷にされる

私は、深夜に野外で全裸の写真を撮っている所を男に見つかった。
その男に脅かされた私は、ポーズを取らされて、恥かしい写真をたくさん撮られた。
そして、その男の家へ連れて行かれた。
男の家はすぐ近くのマンションで、裸の私は彼の後について部屋に入った。
男は私に正座をさせると、さっき撮った写真をすぐにパソコンに取り込んだ。
そして、「この画像は私が保管しておきます。
あなたが私の言うことを聞かなければ、顔が見える物をネットに公開します。
あなたの恥かしい姿がネットに流れますよ」と言った。
私がうなだれていると男は、「今日からお前は私の奴隷だ。
私の命令には絶対服従。
そして、私のことはご主人様と呼ぶこと。
分かったね」と言った。
私は男の方を見て「はい、ご主人様」と答えた。
男は私の前で、着ている物を脱いで裸になると、私にペニスを咥えさせ、「しゃぶれ」と言った。
私は露出症のマゾだが、まだ男にフェラチオをしたことはない。
「唾を飲み込むな。
唾液を使ってしごくんだ。
お前の口はオ○ンコだ。
舌と唇を使って私を気持ち良くしろ」と言った。
私は延々としゃぶり続け、男が射精した時は既に唇も舌も感覚が無くなっていた。
私は彼の出した性液を飲み込み、彼のペニスにまだ残っていた性液も吸い出し、きれいに後始末をした。
この恥かしい行為は、全てビデオに撮られているので、フェラチオをする私の姿も顔も全て映っている。
私はもう男から逃げられなかった。

マゾの調教のステップアップ

奴隷になるということは、マゾ男性にとってセックスという行為を否定することである。
女王様はセックスの相手ではない。
家畜奴隷として女王様に満足を与えるための道具なので、自分勝手に射精する事は許されない。
調教の最中でも自分から快楽を求め、射精する様なことがあれば、厳しいお仕置きを受ける。
奴隷には自分の意思はなく、飼い主の思うままに行動しなければならないのだ。
奴隷が最初に躾けられるのが、身分の違いである。
奴隷は人間ではなく、家畜であるということだ。
これを分からせるために奴隷は常に全裸で生活する事を強いる。
家畜に服はいらないのだ。
更に汚いという観念を捨てることである。
床や道に落ちている物を口で拾い、舐めても平気にならなくてはいけない。
そこで、女王様が裸にして首輪を着けた後に、最初にさせるのが靴を舐めて掃除させることだ。
そして必ず靴底をきれいにさせることである。
女王様の身につけているものや体から出た物は全て奴隷にとっては大事なものなので、全てを奴隷は口で受け止めるのだ。
最初は唾を口で受け止める事からさせる。
床に落ちた物はきれいに舐めさせる。
これを喜んでするようになると、ステップを上げて聖水を飲ませる。
女王様が聖水を飲ませるのはごく限られた奴隷だけだ。
性器を舐めて掃除をさせるのだからやたらにさせるはずがない。
更に進むと嘔吐物や黄金に進んでいくが、これは強制的にさせないと直ぐには出来ない。
最初は体が拒否反応を示し、吐いてしまうが、出来るまで何度でもさせれば、次第に体が慣れて来て出来るようになる。
ただし、雑菌の多い黄金だけはきちんと薬を飲ませないと、入院騒ぎになるので気を着けることだ。

家畜奴隷の生活

浣腸の威力は絶大だ。
僕は浣腸をされて女王様専属の家畜として飼われる事になってしまったのだ。
「何でも言うことを聞きます」と言う言葉が、僕の人生を変えてしまった。
それまで勤めていた会社を辞めて、飼い犬として女王様の家に飼われている。
それまで住んでいた部屋は解約し、少ない荷物を持って引っ越してきた。
家の中では全裸なので、着るものは殆んど要らないし、服を着るのは買い物に行く時くらいないのだ。
浣腸好きの女王様は、僕に浣腸をすると苦しがるのを楽しみながら、無理な約束をさせる。
「ここで飼ってあげるから、荷物をまとめて引っ越していらっしゃい」「どうせ大した仕事をしている訳じゃないし、給料も安いんだから会社は辞めてしまいなさい」と言われ、僕は女王様の買い犬にされた。
腕には女王様の名前が彫られ、両方の乳首には名前入りのピアスが着けられた。
家畜になった僕は毎日、女王様のお世話をして暮らしている。
朝は早く起きて食事の用意をし、女王様を仕事に送り出す。
毎日着て行く服もすべて奴隷が行う。
それから家事が待っているが、それほど広い部屋ではないので、直ぐに片付き、直ぐにやることが無くなってしまう。
そこで、夜に備えてゆっくり眠ってしまうのだ。
夜は女王様が寝かせてくれないくらい激しいご奉仕をしなくてはならないので、力を貯えておくのだ。
夕方になると買い物に行く。
夕飯の用意をして帰りを待つのだ。
帰る時間を知らせるメールが来ると、その時間に合わせて玄関に正座をし、全裸でお迎えするのだ。

マゾ奴隷のポチとして飼われていた

名前はタマコ。
マゾ奴隷のポチとして飼われていた私は、女王様の気まぐれでおむつを着けた幼児奴隷にされてしまった。
常にスカートを穿かされ、幼女のような恰好をさせられている。
ただ、オチンチンがあることは、おむつ替えをする時に見られてしまったので、公園に集まるお母さん方は知っている。
内心はみんな私を変態だと思っているのだ。
そして、私は常に女王様の家で飼われることになった。
会社を辞める事になったのだ。
「たいした給料を貰っていないのだから、仕事は辞めてしまいなさい。
お前一人くらい充分養えるから」と女王様から言われたこともあるが、実は会社で大失態をしてしまったのだ。
普段、家でおむつをしているので、会社でもついそのつもりで、オフィスでお漏らしをしてしまったのだ。
女子社員からは「信じられない」と呆れられるし、それも一度ではなく、二度も漏らしてしまったのだから、もう会社に居られなくなってしまったのだ。
そのことを女王様に話すと、「お前をおむつ奴隷として飼ってあげるから、会社は辞めてしまいなさい」と言ってくれた。
私は嬉しくて涙を流したが、女王様は感動している私に下剤の入ったミルクを飲ませた。
お腹が痛くなってウンチを漏らす奴隷を面白がって見ているのだ。
恥ずかしくてウンチを漏らしたことを隠している私に女王様はお仕置きをする。
「反省するまでそこにいなさい。
もうしません、許して下さいと100回言うのよ」と言われ、その日は外から見えるように、ベランダで全裸にされて晒しものにされた。